原付の売却はおまかせください!状態により買取ります!

原付の売却にお困りの方はこちらへ!原付を無料で自宅まで買い取りにうかがいます。原付の売却は信頼と実績のある私達におまかせください。動かない原付でもご自宅まで買い取りにうかがいます!

原付の売却をお考えの方へ!

原付売却ガイドGTV

古くなった原付、動かない原付、壊れた原付、事故にあったままの原付・・・。

 

原付を放置したままでお困りのかたはこちらへ!古くなった原付を売却したいけれど困っている・・・。

 

置いておくと邪魔だし、近所からも苦情が・・・。でも動かないし・・・、どうしよう・・・。

 

そんなとき私達におまかせください!

 

原付の買い取りには自信があります。

 

原付の売却が決まれば面倒な書類の手続きも承ります。

 

しかも、原付の状態によっては意外な買取り額が出てお金になるかもしれません。

動かない原付でもリサイクル資源として再利用

原付売却ガイドGTV

昼間は仕事が忙しくて時間が取れないし・・・。どうすればいいのやり方がかわからない・・・。

 

そんな忙しい人のためにこのサービスがあるんです。

 

動かない原付でもリサイクル資源として再利用しましょう。

 

古くなった部品やパーツなどもリサイクルして環境のために役立てましょう。これはエコの時代の基本的です!

 

売却すれば廃車などの手続きもしてもらえるので安心です。

 

廃車すれば税金などの還付も受けられこともありますよ。

 

しかも、動かないような原付でも買取り額が出てお金になるかもしれません。売却の前に金額の見積もりをしてもらえるので大人気のサービスです。

 

原付もバイクです

 

原付売却ガイドGTV

原付のことを原チャリ、ゲンチャとも呼びます。

 

また、原付バイク、小型バイクという呼び方もあります。

 

つまり、原付もバイクなので、オートバイしか買い取りしてくれないと思っているバイク王などでも買い取りしてもらえるのです。

 

試しにバイク王のホームページで無料お試し査定を見てもらうと「排気量選択」という欄があります。

 

ここには「50cc以下」という項目が出てくるのです。「50cc以下」というのは原付のことですから、ちゃんと査定の対象になっています。

 

バイク王がお勧めの理由

 

原付売却ガイドGTV

その理由はバイク買取シェアNo,1(バイク処分者調査2015 年9 月(調査機関:楽天リサーチ))だからです!

 

「相見積もり」という言葉をご存じでしょうか?

 

「相見積もり」というのは、複数の業者から買取などの値段を提示してもらい、一番条件のいいところと取引するときに使われる方法です。

 

俗に「あいみつ」などと略して言ったりしますが、買取り業者からは敬遠されがちな方法です。

 

なぜ敬遠されるのかというと、お互いにライバル関係にある業者と競争をすることになるからです。

 

特に同時に立ち会わせて行うあいみつは嫌なものです。それはそうですよね。ライバルと同時に買取り価格を目の前で比べられるわけですから、お互いに負けるわけにはいかないですからね。

 

その一方で、「あいみつ」は、原付を売る側にはとても都合がいい方法です。だって、その場に集まった買取り業者が競争するので、自分の原付の買取りの価格がどんどん高くなっていくからです。

 

普通のバイク買取業者では「あいみつ」を推奨していないところが多いです。バイクの査定に来た人の心象が悪くなってしまうとか、そんなことを理由にしているようです。

 

でも実のところは、買い取り価格で他社、特にバイク王とは競争したくないからです。競争すると自分の所が負けるし、たとえ競り勝ったとしても高い買い物になってしまい、結局は損をしてしまうからです。

 

これがバイク王がシェアNo,1(バイク処分者調査2015 年9 月(調査機関:楽天リサーチ))の強みですね。取り扱っているバイクの量が多いからプラス・マイナスで考えて損をしていなければいいという強者の論理が成り立っているようです。

 

だから、自分の原付を売却したいときはバイク王の無料出張買取で査定してもらうことを強くおすすめします。

 

少しでも自分の原付を高く売りたい人にはゼッタイお勧めです。

 

もちろん他の業者も一緒に呼んで同時に査定してもらうんですよ。

 

「バイク王と他の業者を一緒に呼んで同時に相見積もりしてもらう」これが原付を廃車するときの一番の秘訣です!

 

動かない原付でも売却できますか?

 

原付売却ガイドGTV

もちろん動かなくても大丈夫です。

 

担当スタッフがトラックで伺いますから、商談が成立すればそのまま売却することができます。

 

但し、エンジンがかからないなど車両の状態によってはリユース料が必要になることもあるかもしれません。

 

この場合でも廃車などの書類手続きはやってもらえますし、引取ってもらえるのですから手間賃だと考えてもいいかもしれませんね。