原付1種・原付2種の将来性

こちらでは原付1種・原付2種の将来性について説明しています。

原付1種・原付2種の将来性記事一覧

原付2種の動向

2020年までに100万台販売経済産業省は、二輪車市場の活性化を推進し、2020年に販売台数を100万台へと回復させるための成長戦略を策定中です。国内二輪各社もこの成長戦略に合わせ事業展開を行い、二輪車の需要創出を推進していく考えです。原付二種の位置づけ自動車工業会は、原付二種を「生活モビリティー」...

» 続きを読む

小型二輪のシミュレーター教習

原付2種の事故減少率が少ない警察庁は、小型二輪免許教習に運転シミュレーターの活用を検討している。警察庁は、原付2種(125cc)の事故の減少率が他の二輪車に比べて少ないことから、小型二輪車の免許取得の簡素化には難色を示している。しかし、自動車工業会は、2020年の国内販売100万台の目標達成のために...

» 続きを読む