憧れのスクーター

憧れのスクーター

あれは私がまだ大学生だった頃のことです。

 

授業が終わって最寄り駅まで友人と一緒に歩いていてちょうど赤信号を待っていた時のことでした。

 

私たちの前をビッグスクーターに乗った人が、スーッと横切ったのです。

 

目の前を横切ったスクーター

目の前を横切ったスクーター

その頃は自動車の免許は持っていましたが、特別バイクには興味がありませんでした。

 

だからバイクに乗りたいなどと思ったこともなかったし、通学も電車通学で特別な不便も不満も感じてはいませんでした。

 

でも何故かその瞬間に、「バイクの免許を取ってビッグスクーターに乗って通学をしたい」と思ったのです。

 

その思いはとても強くて、その次の日には教習所に行って入学手続きを済ませ、バイクの教習を受けることにしたのです。

 

普通二輪免許取得

普通二輪免許取得

普通車の免許を持っていたので学科は免除され、一ヶ月もかからず普通二輪免許をとることができました。

 

免許が取ると今度はすぐに中古のビッグスクーターを買いに行きました。

 

こうして私のバイク通学が始まったわけです。

 

学生時代に通学でお世話になったビッグスクーターですが、卒業とともに乗らなくなりました。

 

今では、そのビッグスクーターも手放してしまいバイクに乗る機会もなくなりましたが、たまにバイクに乗っている人を見ると通学に使っていたビッグスクーターのことを思い出します。

 

そして「また乗りたいなあ」と思うときがあります。

 

まとめ

(1)横切ったスクーターがきっかけ
(2)免許取得
(3)バイク通学