原付2種スクター

バイク歴は30年

バイク歴は30年近くになる。原付、中型、限定解除と免許を取得してきた。

 

バイクもRZ50、DT200、RZV500、FZR1000とステップアップしてきた。

 

限定解除で大型免許取得

>限定解除で大型免許取得

困難な限定解除も今では、教習所で誰でも簡単に取れるようになり、時代の移り変わりを感じる。

 

FZR1000は5年前まで乗っていたが、海外転勤する友人からもらったリード90にハマってしまい今では2種スクーターオンリーになってしまった。

 

全く見向きもしなかった小型スクーターだが、手軽に乗れる高性能、ギヤチェンジもなし、驚異的な燃費、高速道路以外は車と同じ速度で走れるなど、利点が多い。

 

原付二種のスクーター

原付二種のスクーター

今は数々の2種スクーターを乗り継いでスズキ・アドレス125に落ち着いた。

 

出だしの速さ、高速の安定性、リッター50kmは走る低燃費など魅力を書いたらきりがない。

 

GPZ900ニンジャとのバイク2台体制なのだが、ニンジャは月に1〜2回程度しか乗らない。

 

だが、アドレスはほぼ毎日乗っており、月平均で1000kmは走る。

 

650、400のスクーターの友人とツーリングに行ったが、アドレスでも全く苦にならないほど楽しめた。

 

まとめ

(1)バイク歴は30年
(2)限定解除で大型免許取得
(3)今は原付二種のスクーター